FC2ブログ
2017_04
15
(Sat)00:05

おまけと、桜緊縛のリスク、



使用してない写真が、二枚残っていたので、

ついでに、野外での緊縛のリスクや、注意点など、思いついた事を書いてみます^^


私は野外での露出や、露出緊縛、全裸緊縛が大好きで良くやりますが

二人だけの、野外での露出緊縛には限界があります

実際にとても大変なのです^^:

まず場所選び

これが重要です、その人に寄るでしょうが、
タイプは三つあるかと思います、

一つは、
「誰も居ない山奥などで二人だけの世界で楽しむ派」

二つは
「誰も居ないけれど、いつ人が来て見られるかも知れない、そんな場所で楽しむドキドキ派」

三つめは
「とにかく街中とか、人の多くいる中でのゲリラ露出を楽しむ派」

私は二つ目なのです、いつ見られるかも知れないと思いながら
そのリスクをドキドキ感や自身の興奮材料にしているのだと思います

それに、街中では好きな縛りの出来る場所も限られますからね
たまにやりますが・・^^:




そして、見張り、

誰か周りに人が居ないか、慎重に確認します

公園とか昼間は特に気をつけて見ないといけません
隠れて撮影される危険性もあります

そして縛る

野外での縛りは、いくら縛りに慣れていても、屋内とは違います
モタモタしてたらいけません、慎重に手早くやらねばなりません
縛っている最中に・・または縛ったところに人が来たら・・
すぐには解けません^^:
大変なリスクを伴います

そして撮影

撮影も素早くアングルを決めて必要最小限の枚数で決めます
ああでもない、こうでもない・・などと言ってたら、人が来るかも知れません
とにかくスピードが命です

そして終了

撮影が終わっても、それで終わりではありません
縄を解かないといけませんし、
片づけたりしなければなりません、まさに息をする間もないくらいの忙しさです

そんな中で

麗子は全裸で縛られて、桜の木に吊るされています

明るく見えるのはフラッシュの光で、一瞬で真っ暗になります

麗子は不安と寒さで固まって、体の震えは止まりません

目も閉じています

覚悟は決めていても、普段は地元で暮らしている普通の主婦です、

心の中で湧き上がる恐怖と戦っているのでしょう・・

12_2017041004542018a.jpg
俯いて、目を固く閉じながら不安を体いっぱいに表している麗子

その麗子に、最後にもう一枚だけ撮るから

頼むから目を開けてこっちを向いて

これで終わるから・・

そう言って撮ったのがこの写真です

麗子はしつかりと目を開けて私を見つめてくれました

私は道路から撮ってます、

実際はこれで終わらず、もう一度縛り直して撮影したので

私は嘘つきになりました(笑)



今回、麗子と二人で、夜桜緊縛を行いましたが

只の露出と違って、いや、露出だけでも二人での野外撮影はリスクを伴います

まして野外で、しかも全裸で縛って固定すると言うのは最大級のリスクと危険を伴います

なので、今回は慎重を喫して、真夜中の二時頃から始めました

しかし、二人だけでと言うには、全ての作業は私一人でしなければなりません、

時間も掛かりますし、見張りもおろそかになります

夜明けも近く、散歩の人も来ます、大変危険な作業なのです、^^:



もしも、私もやって見たいと思う人は、なるべく二人きりは避けて

最低でも三人以上が望ましいと思います、見張りの人が居れば作業に集中できますから・・

これが着物姿での撮影ならば、それなりに言い訳もできますが、

全裸で野外緊縛と言うのは、通報されたら終わりです、

なので、やるならば十分に気を付けてくださいね^^:

以上、老婆心ながらの一言でした(笑)


今回で夜桜緊縛は終わりです、^^


訪問して頂き、ありがとうございました ^^

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
«  HOME  »
  桜緊縛

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/15 (Sat) 22:47 | # | | 編集 | 返信

Re: おまけと、桜緊縛のリスク、

yosikoba様

ありがとうございます
これからも楽しみながら頑張りたいと思います
応援よろしくお願いします^^:

2017/04/16 (Sun) 05:05 | k1000gtr #4wcXqPDY | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント